12.副業事件

そうそう、ちょうどそのころに、
某地元新聞社主催の徳島の陶芸家展みたいなイベントが毎年開催されていて、
ある年、師匠が推薦してくれたんです。

ところが、新聞社の担当者から電話がかかってきて、
ピアノ教室とか塾とかしてると言うと、
副業がある人は、出展してもらうわけにはいかないとおっしゃる。

「そんなの、こっちから願い下げよ~!」とは言わなかったけれどww
そう思って、辞退したことがありました。

まだ、私も若かったですし、
結晶釉だって、まだまだ成功の兆しすら見えていない時期でしたしね。
なんだか、すごくいや~な気持ちになったのは、今でも覚えています。

だから、その後、再び話がきても、受けたことはないんです。
私、執念深いですね~ww 師匠には頑固者だと言われてます。。。
まぁ、その陶芸展は、今はもう、やっていないみたいですけどね。

今なら、これが私のスタイルですと、胸を張って言えますけれど、
当時は、そう言うだけの自信もなかった。。。

なんだか、話が脱線してしまいました(^^;)
で、実験の続きですよね。


(つづく・・・)

2020年02月26日