○○焼

「何焼きですか?」というのもよくある質問。

結晶釉の器は、何焼きでもありませんww 焼き物の産地で焼いているわけでもないですから。

○○焼という名前がつくものは、やはり、地のものを使って産地で焼いているものです。例えば、同じ四国なら、砥部焼が有名ですが、砥部の磁土を使って、砥部で焼いてるから砥部焼ですよね。このご時世、全て地のものとはいかないかもしれませんが、信楽で焼くから信楽焼で、有田で焼くから有田焼なんですよ、やっぱり。徳島で焼いていても、大谷で焼いているわけではないですから、大谷焼ではありません。うちは、土も、地のものではありませんしね。地のものを使って、産地で焼くから、共通の味わいがあって、いいんですよね。

廃窯になっているところも多いと聞きますが、そうはいっても、日本は焼き物が盛んです。日本全国、旅行に行くと必ず、地元の素材を使った焼き物があります。それも、旅の楽しみの一つですね。

2016年12月12日