二人展(2015)

二人展

 

2015年7月18日(土)~20日(月) 盛壽の郷にて

今回は、書の戸出芳泉さんと、初めての二人展でした。
陶器のグループ展は、何度か経験があるのですが、書とのコラボは、私にとっても初めての経験で、
色々と勉強になることがたくさんある展覧会となりました。

結晶釉の器の個展会場にて

 

梅雨明け前の蒸し暑い中、たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました<(_ _*)>

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器

 

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器

 

飲み口の感触にこだわりたいのは、やはり冷たい飲み物とお酒でしょう。
このシリーズでは、フリーカップと酒器を主に展示いたしました。

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器の個展会場にて

 

このところ、少し大きめの結晶が散らばって出るタイプに釉薬が落ち着いています。
いつもお立ち寄りいただいているお客様からは、
「安定してきたね」、「難しいね」などと、色々なお声をかけていただき、
これまでの成果が、お客様の目から見てもわかっていただけることがとても嬉しく、
また新しい次の可能性についても、色々なことが見えてきた気がしています。

結晶釉の器の個展会場にて

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器の個展会場にて

 

何よりも、結晶釉のことを知っているお客様の割合が増えてきたことが実感できる展覧会でした。
そして、台風の影響で交通機関の乱れがあったにも関わらず、
わざわざこの結晶を見るために、関西から駆けつけてくださった方がたくさんいたことに感動しました。

結晶釉の器の個展会場にて

 

結晶釉の器の個展会場にて

結晶釉の器の個展会場にて

 

まだまだ未知の部分が多い釉薬で、扱いかねているのが現状ですが、
一つずつ実験して検証して、研究を続けていくことで、少しずつではありますが、
自分で操れる部分が増えてきていることは感じています。

色々な視点から、様々なアドヴァイスをいただいて、短い会期でしたが、
とても濃密な時間を過ごすことができました。
本当に、ありがとうございました。

これを糧に、また新しい挑戦を続けていこうと思っております。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



2015年08月01日